一軒のホテルで街を変えるホテルプロデューサー 龍崎翔子さん Inspire High

2020 4/16

こんにちは!COL-ORs 生徒会副会長のMiiです!

inspire highさんのライブ配信をまとめてみました!

2020/3/15 (sun) 13:00- Inspire High

一軒のホテルで街を変えるホテルプロデューサー 

今回のガイド龍崎翔子さん (L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.代表)

ガイド紹介 Who : どんな人??

2015年、大学1年生の頃に母とL&G GLOBAL BUSINESS、Inc.を立ち上げる。『ソーシャルホテル』をコンセプトに、北海道・富良野に 『petit-hotel #MELON』をはじめとし、大阪・弁天町に『HOTEL SHE, OSAKA』、北海道・層雲峡『HOTEL KUMOI』,など、全国で計5店舗をプロデュース。京都・九条にある 『HOTEL SHE、KYOTO』はコンセプトを一新し、3月21日にリニューアルオープン!

龍崎さんの Inspiration

『ズッコケ三人組ハワイへ行く』 ホテル経営を志したのは、実はこの本がきっかけです。10歳くらいの頃に学級文庫でこの本に出会ったんですが、ホテルを経営してる日系人のおじいさんが出てくるんです。それで「あ、自分がしたいことはホテル経営だったんだ!」と気づきました。それから10年、ホテル経営者という夢を追い続けられたのは、この本に出会ったからだと思います。

HOTEL SHE, KYOTO  からの配信!!

HOTEL SHE, KYOTO
HOTEL SHE, KYOTO - 最果ての旅のオアシス | 京都市のブティックホテル
HOTEL SHE, KYOTO - 最果ての旅のオアシス | 京都市のブティックホテルHOTEL SHE, KYOTOはJR京都駅から徒歩10分、地下鉄九条駅から徒歩2分、旅人が夜を明かすブティックホテルです。アイスクリームショップ「BIGBABY ICECREAM KIOSK」を併設。

龍崎さんが作るホテルは単なる泊まる場所ではないホテル!

なぜそのようなホテルを作るの??

ガイドの視点を覗いてみましょう!

ホテルの入り口にアイスクリームコーン!?

アイスクリームパーラーホテルの中にあり、アイスワッフルがお客さんに人気!

オススメな味はゴルゴンゾーラハニー! おいしそう〜!!

HOTEL SHE, KYOTO のイメージは?

アメリカロードサイドモーテルイメージ

コンセプトは?

最果ての旅のオアシス

龍崎さんがプロデュースするホテルは、ホテルごとにイメージコンセプトがあり、やる意味のあるホテルを作っている

HOTEL SHE, KYOTO は南区にあり、京都人が認識している京都よりさらに南にあるため、京都だけど京都じゃないというエリアになってしまっている。そういうエリアのなんとも言えないアイデンティティーを救い上げて最果ての旅のオアシスというコンセプトでやっている!

ホテル名 SHE,  にはポリシーが隠されている!?

S Satisfaction お客様全員に満足してもらえるホテルに

H Heartfelt 心が温まるホテル

E Emotional  旅から帰った後もずっと心に残るような思い出が作れるホテル

, comma カンマは文章の中で一時停止するけど続いていくマーク 

少し立ち止まって、また歩き続ける感じがホテルメタファーになっている

BOY MEETS SHE, は気に入っているフレーズ

Boy meets Girl を文字って作ったようです!

決して、女性向けに作られたホテルではない!特定のターゲットは作っておらず、幅広い方々に楽しんでもらえたらと思っているようです!!

BOY MEETS SHE, はアパレルブランドにもなっています!

気になる方は是非チェック

HOTEL SHE,
HOTEL SHE,HOTEL SHE,のECショップです

105号室を覗いてみよう!!

綺麗な淡い水色の壁紙が印象的なお部屋!!

ロードサイドモーテルイメージにあり、難しかったのは京都の気候や部屋に差し込む光にどう自分達のイメージを合わせるかだったようです! その土地に合わせたお部屋を作るなんて素敵ですね!

HOTEL SHE, KYOTOでは、ミッドセンチュリーカルチャーをリスペクトしていて、全客室にレコードプレイヤーが!!

部屋を作るときのこだわりは?

安いホテルでは客室の内装が同じところが多い、そんなに高くなくてもトキメキがあるようなホテルを作るのが自分達のこだわりだそうです!

ホテルプロデューサーになったキッカケは?

10歳の頃ホテルプロデューサーになりたいと思った龍崎さん

原体験は8歳の時の頃、アメリカに住んでいて、アメリカの東海岸から西海岸までを車で横断ドライブをすることに!

毎日同じようなところを車でドライブしていて、とにかく早く車から降りたいと思うようになった。一日の最終目的地はホテル、楽しみにしていたホテルだったが着いたホテルを見てみると昨日や一昨日とあまり変わらない景色だった。『なんでもっと良くならないんだろう?』と子供ながらに不満を持ったことがキッカケだそう!

龍崎さんのキーワード:渇き

自分の欲しい物があるはずなんだけど無い、自分が求めているものを探し求めて、最終的にそれを自分の手で作った

ホテルの裏側を覗く!?

裏側にはBOY MEETS SHE, 商品の在庫や、作業用デスク当直するスタッフさんのための2段ベッドシャワー洗面台アイスの冷蔵庫!、ミーティングスペースがある!

ミーティングでは3ヶ月後の売り上げ対策や、企画へのアイデアを集めたりするそうです!

アウトプット

自分の視点、ガイドの視点、メンバーの視点で物事の捉え方を広げよう!

今回のテーマ:

『自分の渇きを解決するアイデアを考える』

自分の欲しい物があるはずなんだけど無い、なんであれあったら良いのに無いの?と思うことを探してみて、その解決策を考えてみよう!

最後に、理由と画像を添付する!

それでは、次回もお楽しみに〜!!

Inspire High Inspire High は(インスパイア・ハイ)は、アーティストやビジネスリーダー、研究者など、第一線で活躍し、自分の人生を楽しむ様々な大人から、自分の世界を広げるインスピレーションをもらう、オンラインサービス。https://www.inspirehigh.com

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる