学歴はこの先も必要か

2020 1/17

学歴不要論を主張する人もいますが、実際に学歴が必要かどうかを述べておこうと思います。

目次

学歴はこれからも必要

学歴はこの先も求められることになるでしょう。

今の子供達が大人になる頃には、海外で仕事をするというのは当たり前の時代になっている可能性が高く、その時に評価の指針となるのが学歴になるからです。

大学という概念は世界共通なので、外国企業も学歴で人を判断していきます。それが良いとか悪いではなく、学歴で人を見るのが、コストが安いのです。大卒であれば、ひとまず継続して頑張れる人間なのだな、ということが分かるので。

今は個人(フリーランス)として働く時代の流れがあります。ただそれも目立って見えるから主流に見えるだけであって、やはりほとんど人は企業で雇われて動いたり、フリーランスであっても業務委託的なので、雇われるときは最初は学歴で見られます。国際的な環境であっても同じことです。

学歴不要論を説く人は、学歴が不要な世界で生きている前提があっての主張です。フリーランスや経営者には実力があればよく学歴は要りませんが、全員がフリーランスや経営者として生きるわけではありません。結局のところ、多くの人にとって学歴は必要になる、ということはこの先も変わらないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

骨が怖くて鰯が食べられない。

実績/クラシックギター全国金賞。全国模試2位。ココナラ占い部門売上全国1位、コピーライト部門全国3位。

目次
閉じる