名刺作成に挑戦!! (栞Shiori)

2020 5/09

こんにちは!COL-ORs生徒会会長栞Shioriです!今回は、COL-ORsメンバー全員で名刺を作ったので、それについてまとめてみました。

名刺作成をしようと思ったきっかけ

COL-ORs生徒会の活動の一つとして課外活動があります。
株式会社CINRAさまのワークショップに(2019/12/31動画アップ済み)課外活動で行った際、インターネット生徒会活動をしている事を企業担当者に説明をしたところとても興味を持ってくださいました。「HPを見たい」と仰っていただけましたが、説明がうまくできず、困ってしまったという事がありました。もし名刺があったら、その場でスムーズに説明ができたのではないかと振り返って思いました。また、名刺を渡しておけば、後日HPをあらためて担当者に見ていただくことも出来、便利なのではないかと考えました。

名刺作成にあたり気がついたこと

はじめは名刺のテンプレートでいいデザインがないかインターネットで調べていました。しかしながら、名刺タイプには企業用の落ち着いたデザインが多いことに気がつきました。また。カジュアルタイプのデザインを見つけたとしても、作成料金がとても高いことが分かりました。そのため、PowerPointで原稿を自分で作り、従来幅広く使われているオフセット印刷ではなく、オンデマンド印刷(デジタルデータを読み込んで印刷する方法)の手法をとることにしました。

名刺作成をして勉強になった事

  • 私たちの生徒会をはじめ、最近は名刺に記載する項目にホームページのURLやメールアドレス、QRコードを記載した名刺が多いように思われました。
  • 特別なソフト(illustrator等)がなくてもMicrosoft Office(Word, Exel, Power Point)で作成した原稿も入稿できる印刷会社が増えてきたようです。ただし、印刷会社の指定方法で原稿を入稿したり、文字のフォントや配置も自分達で決める必要があったので正直作業としては難しかったです。今回、私はPowerPointを使いました。また、最終入稿の際、画面印刷の名刺データを圧縮する必要がありました。当初は上手くアップロードができず困りましたが、「入稿完了」の表示が出た時は本当にうれしかったです。多くのインターネット上のサイトも参照したため、予想以上に作成時間がかかってしまいました。

名刺作成でこだわったところ

  • 両面印刷にする事、各メンバーのアバターとニックネームを入れる事、裏面は英語表記にする事三点に意識を向けました。COL-ORs生徒会としての名刺なので、メンバー全員が納得するものを作ろうと思い、最終デザイン・配置についてもみんなで話し合いをして決めました。
  • QRコードを名刺に組み込むことについては名刺作成リーダーである私が考え提案しました。最近は通常の白黒のQRコードだけではなく、デコレーションされたものがある事を知りました。とても可愛いと思いましたが、色を使うと、読み取りがうまくいかないときもあることが分かりました。そのため、今回はQRコードの中を白黒にし、周りを私たちの生徒会「COL-ORs」という名前の文字列でふちどりました。試しに読み込みを確認したところ、「クルクルQRコードリーダー」や「ICONIT(アイコニット)」で読み取ることができたので嬉しかったです。なお「Yahoo QRコードリーダー」では読み取ることができませんでした。このように一部アプリによっては読み込み不良が起きてしまうようです。

日本語版↓

英語版↓

COL-ORs生徒会会長 栞Shiori

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

COL-ORs生徒会会長
担当:英語、YouTube動画編集
ボカロやアニメ、映画鑑賞が好き。絶対音感持ってます。
現在中学3年生
(*'▽')

目次
閉じる