各役員の役割

2020 1/17

ここでは、各役員の役割を説明しています。

※すべての役員には、勉強会の開催権があります。

生徒会長

①所属メンバーの学力向上の最高責任者

②プロジェクトの指揮・管理

③役割(役職・係)の任命
→プロジェクトや活動に応じて、役職を任命して良い。

④メンバーの活動の許可

⑤勉強会日程の決定

⑥会議日程の決定

副会長

①生徒会長の補佐役

②生徒会長不在の場合は生徒会長の役割を務める。

書記

①議事録の作成し、サイトに投稿する。

②会議のまとめ役
→議事録を作るため、全体でいま何を決めようとしているかを念頭に会議に参加するので、まとめ役になりやすい。

会計

①予算管理(エクセルファイル)
→限られた予算の中で、どこにお金をかけるべきかを考えていこう。
→お金の使いみちをデータに打ち込む。

②領収書・領収書のデータ管理

③現金引き出しの申請

④小銭の管理
→プロジェクトで使ったお金で、小銭が余った場合、会計が管理する。

議長

①会議の進行役と、開始終了の宣言。

②議題を円滑に進めさせる(ファシリテーター)
→議題からズレていたら指摘してあげたり、必要に応じてメンバーに話を振ってあげたりしよう。

③会議の時間管理
→終了時刻から逆算して、まとめを促そう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

骨が怖くて鰯が食べられない。

実績/クラシックギター全国金賞。全国模試2位。ココナラ占い部門売上全国1位、コピーライト部門全国3位。

目次
閉じる